あなたは普段、どんな油を使っていますか?

 料理には欠かせない油(油脂)。
油は「太る」「体に悪い」「美容の大敵」などと言われることが多いですよね。
しかし、実は油には様々な健康効果があるのです。

 たとえば・・・・

  • ・代謝の促進
  • ・細胞や動脈、毛細血管の強化
  • ・記憶力改善
  • ・若々しさを保つなど

 大切なのは、 体に良い油を摂取すること、正しく摂取することです。
油脂についての基礎知識やレシピを、マクロビオティック料理の専門家の先生達に教えていただきました。

  1. 覚えておきたい油脂の基礎知識
  2. ビオクラのおすすめの油
  3. マクロビオティックレシピを伝授

 脂質は、基本的に「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」に分類されます。
植物性脂質の不飽和脂肪酸は健康的な脂質であり、飽和脂肪酸はなるべく避けた方がよいでしょう。

 消化がしづらく体内に留まりやすい油です。
又、コレステロールを増加させることが知られており、生活習慣病や慢性疾患の主な原因とされています。
動物性食品、とくに肉やクリームやバターといった乳製品に含まれます。

 消化と代謝がしやすい油です。悪玉コレステロールを減らす効果があります。
主に植物性食品に含まれます。

 食事における最も良い油脂の摂り方は、全粒穀物や豆類、種子やナッツ類、さらにより自然かつ伝統的な製法で作られた麺や餅、豆腐、湯葉、味噌や醤油などの自然食品から得ることです。これらの食品には、栄養のバランスを整えながら消化・吸収を助ける食物繊維やミネラル、ビタミンなどの様々な栄養素とともに、適正量の脂質が含まれています。

 又、適量の動物性食品、特に飽和脂肪酸の少ない魚や魚介類は、良い油脂の摂取を補ってくれます。 植物油も同じく、主に調理で適量を使うなら、良い脂質の供給源となります。

 加工油脂を使う場合、品質に注意しなければいけません。

 ほとんどの脂質は現在、化学物質を使った溶媒抽出法で加工され、同じく化学物質を使って高温で精製され、酸化防止剤を含んでいます。 これらの加工は、製品から自然な味わいや色、香り、又、必須脂肪酸といった有益な栄養価などを奪い、脂質に損傷を与え、化学物質との接触を増やします。

 そのため油を選ぶ際は、栄養や品質がより保たれている低圧縮で絞られた未精製品がよいでしょう。

 心とからだと地球にやさしい食良品をお届けする「ビオクラスタイル」がおすすめする油は、亜麻仁油
植物の亜麻の種(亜麻仁)で作った不飽和脂肪酸の健康的な油です。

 しかも、低圧縮で絞った亜麻仁なので、栄養や品質を損なわない良質な油でもあります。
さらに、理想の脂質「オメガ3(α-リノレン酸)」がたっぷり。
話題のDHAやEPAを手軽に摂取できる優れた油なのです。

 心とからだと地球にやさしい、全国から厳選した食“良”品をお届けするオンラインショップです。
山梨県小淵沢の自社農場や北海道十勝ビオクラ契約農場で栽培された作物など、
こだわりの食品を通じて、みなさまへ大地からの感動をお届けしたいと考えております。 

 「オメガ3」は、美容に嬉しいDHAやEPAなどを作り出してくれる不飽和脂肪酸の一種です。
さらには、悪玉コレステロールを減らし生活習慣病を予防したり、脳を活性化してくれたりと
美容や健康に欠かせない栄養素なのです。 オメガ3や亜麻仁油の素晴らしさを料理のプロに詳しく伺いました。

 亜麻仁に含まれる脂肪酸であるオメガ3脂肪酸は、魚油のDHAやEPAと同じ働きをして健康に役立ち、 体内のコレステロールを上手くコントロールしてくれることから、お化粧のノリが気になる方にも効果はあると言われております。
これは、高齢者の方々には、老化予防につながり、お子様方には、健やかな成長促進に欠かせない栄養素と言えます。 特に、頭をクリアにすると言われているので、思考が活発になり、勉強の効率もよくなること間違いなしです。
毎日の食事に少しずつ摂り入れていきましょう。

 オメガ3脂肪酸の基となるα-リノレン酸を多く含むオイルは「飲む美容オイル」と言われていて「亜麻仁油」はその代表格! 張りがあり美しく健康的な見た目を保つためには、積極的にオメガ3脂肪酸を摂ることがとっても大切なんです。 紅花油の60倍ものオメガ3が含まれている亜麻仁油なら1日にたったスプーン1杯で必要量が摂れるのも嬉しいですよね。

 更に嬉しいのは、ガンやバクテリア、ウイルス、カビなどに対抗する性質がある食物繊維「リグナン」が豊富に含まれていること。 その含有率は小麦の100倍以上と驚異的です!食物繊維は腸内細菌のバランスも整えてくれます。 美腸=健康的な見た目とも言われるほど腸の健康は美のバロメーター。 リグナンにはエストロゲンの抑制効果もあり大腸ガンや乳がんの予防効果も見逃せません。

ページの先頭へ戻る